家族

糖尿病の症状|病気の進行を抑える治療法!

高血糖になる病気とは

夫婦

インスリンが原因

糖尿病は、インスリンという血糖値を下げるホルモンが何らかの理由ですい臓から分泌されなくなったり減少したために発症します。インスリンは血液中のブドウ糖を細胞の中に運びエネルギーにする働きをします。インスリンが不足するとブドウ糖が血液中にあふれてしまい高血糖になってしまいます。さらに筋肉や内臓を動かすエネルギーも不足してしまいます。糖尿病は1型糖尿病と2型糖尿病に分けられます。1型はインスリンがほとんど分泌されなくなったために起こります。2型はインスリンの量が減少したり、作用する力がなくなったために起こります。日本人の糖尿病患者の95%が2型だと言われています。ほかに妊娠時に発症したり、すい臓や肝臓などの病気や遺伝が引き金となって起こる場合もあります。

肥満が大きな原因

1型糖尿病の原因ははっきりとはわかっていませんが遺伝や環境なども影響していると考えられています。2型の場合は肥満が大きな原因だと言われています。脂肪肝による隠れ糖尿病という症状もあります。肝臓が脂肪肝になると通常は正常な血糖値が食後にだけ高血糖になってしまいます。糖尿病の治療方法は食事療法と運動療法、薬物療法があります。食事療法は医師によって指導され1日の摂取カロリーが決められます。通常は1600キロカロリー以内に抑えるように言われます。カロリーを抑えるだけではなくバランスのとれた食事をすることが大切です。運動療法はウォーキングなど軽い運動でインスリンの働きを活性化させます。薬物療法は血糖値を下げる薬が処方されます。